2017/10/25(水)『桶狭間』で今川方は壊滅したのか?

鳴海原合戦による死亡者

通説では、今川義元の討死に伴って多数の戦死者が出て今川氏権力が弱体化したとされる。但し、以下の点から甚大な損害とは言い難いようにも思う。

  • その年のうちに後北条氏へ援軍
  • 翌年には松平元康と内戦開始

そこで、今川氏が義元の死で人的資源をどの程度失ったかを改めて調べてみた。戦国遺文今川氏編より、主だった人物を抽出。永禄3年6月以降に登場しなくなった人物は死亡と見なした。

不在だった者も交えた死亡率

  1. 三河:11%(1/9)
  2. 遠江:30%(3/10)
  3. 駿河:28%(5/18)
  4. 総数:24%(9/37)

24%という数値が高いか低いかは、他の例と比較しないと判らない。今川義忠の討死が近いかも知れないが、史料が足りない。後北条でいうと三船台・蒲原が決定的敗戦だが、当主の討死は伴っていない。

三河が平均の半分程度となる。これにより人的資源の不均衡が生じ、三河国衆を駿遠の国衆が抑制できなくなったのかも知れない。

具体的人名

参戦・死去

  • 遠江:松井宗信
  • 駿河:今川義元

参戦不明・死去

  • 三河:戸田伝十郎
  • 遠江:井伊直盛・二俣扶長
  • 駿河:関口氏純・由比光綱・山岡景隆・長谷川以長

参戦・生存

  • 三河:菅沼久助
  • 遠江:天野藤秀・天野景泰
  • 駿河:朝比奈親徳・岡部元信

参戦不明・生存

  • 三河:奥平定勝・鵜殿長照・松平元康・牧野保成・菅沼定盈・田島新左衛門尉・大村綱次
  • 遠江:匂坂長能・飯尾乗連・朝比奈泰朝・小笠原氏興・小笠原元詮
  • 駿河:三浦元政・三浦正俊・朝比奈元徳・瀬名元世・四宮輝明・福島伊賀守・糟屋備前守・興津清房

不参戦・生存

  • 駿河:今川氏真・三浦氏満・葛山氏元
OK キャンセル 確認 その他