2018/01/23(火)羽柴秀吉の占領地政策

原文

一、請取々候城普請申付由、如何存候、被持城共さへ渡し候之間、普請ハ不入事候条、はかの行候様ニ城請取次第ニ留主居ニ相渡、其末々江可相動候、城悪候ともせめ候もの者有間敷候事
一、破却之城之儀ハ塀をおろし、城中家さへ無之候へハ相済事候間、破におよハす候、手間を入間敷候事
一、可相渡と申城共案内を待候事、無分別候、手前之はかをやり、其城々押懸候ハゝ、早速ニ可相渡候間、跡ニ念を不入、末々相済候様ニ急へき事
一、佐竹手前も城共可相渡由候、早々入相、城共急度可請取候、奥州迄道筋明候様ニ急可仕候事
一、城々兵粮在之迄念を入、穿鑿仕由、不入儀ニ候、城中ニ無之候ハゝ、其分ニ仕候て可置事
一、在々夏麦事ハ其城々留守ニ相残候者ニ申付、何方江も不可納所旨、百姓共ニ申触押置、重而以一書可得御意候、皆共奉行大勢在々江入こミ候て穿鑿候ハゝ、非分も可有之候、百姓も可迷惑間、在々江人を遣、兵粮之仕明ハ可為無用候事
一、越後宰相・加賀宰相かたへも早々手を合、安房守相抱候鉢形・松山・をし此城々取巻候事可急候、松山にても、をしにても、一城ハ此方より相動人数として可取巻候、鉢形ハ北国口よりの人数取巻候へと被仰出候、弥其通可申聞候、其外一城ハ佐竹を初而八州より罷出国侍可取巻事
一、松井田在陣衆者、小田原表行来にて候、いそき道の往還候様ニ可仕事
一、此方より相動人数、家康ものにも、城々にて兵粮相渡由尤候、弥其分ニ仕、何分もはかの行候様ニ可仕候事
一、御判被下候在々家々、不焼所ハ、為御判銭、兵粮可致進上旨可申付候、其所より一廉在此之所ハ、其ニ随ひ可申付候事
一、右之通相済候て、皆共も隙明候ハゝ、急々可申越候、何も不可有油断候也
一昨日十日書状今十二巳刻到来候、下総国之内とけ・東金両城請取旨、得其心候事、
五月十二日/(朱印)/浅野弾正少弼とのへ・木村常陸介とのへ

  • 埼玉県史料叢書12_0918「羽柴秀吉朱印状写」(難波創業録)

解釈

  1. 一、受け取る城ごとに普請を指示しているとのことだが、どういうつもりか。保持する城だけ渡せば、普請は不要だから、捗るように、城を受け取り次第留守役に渡して、末々の城まで処理するように。城が悪い状態だろうが、攻める者はいない。
  2. 一、破却する城は、塀を下ろし、城中の家だけなくせば済むことだから、破壊するには及ばない。手間をかけてはならない。
  3. 一、開城を申し出た城からの案内を待っていることは、考えが浅い。こちらが捗るように、それぞれの城へ押しかければ、早く渡してくれるだろう。念を入れずに、末々まで済むように急ぐように。
  4. 一、佐竹からも諸城を渡したいとのこと。早々に赴いて城々を急ぎ受け取るように。奥州までの道筋が開通するように急ぎ片づけるべきこと。
  5. 一、城々の兵粮在庫は念を入れて精査するとのこと、要らざることだ。城中になければそのままにしておけばよい。
  6. 一、各在所の夏麦は、その城々で留守に残る者に指示して、どこにも納めないでいるよう、百姓たちに指示せよ。改めて書面で通達するだろう。全奉行が大勢で各在所へ入り込んで精査を始めれば、非分もあるだろうし、百姓も困るだろう。各在所へ人を派遣して兵粮の仕分けをするのは無用である。
  7. 一、上杉景勝・前田利家の部隊とも早々に合流し、北条氏邦が保有する鉢形・松山・忍の城々を取り囲むことを急ぐように。松山でも忍でも、どれか一つの城はこちらより部隊を出して取り囲むように。鉢形は北国口からの部隊が取り囲むようにとの仰せである。いよいよその通りになるよう、聞かせるように。そのほかの一城は佐竹をはじめとする関東の侍が取り囲むように。
  8. 一、松井田に在陣していた衆は、小田原に来た。急いで道の拡張工事をさせるだろう。
  9. 一、こちらから動いた部隊が、徳川家康の配下に城々で兵粮を渡すとのことは、もっともだ。ますますそのような感じで進めて、何事も捗るようにするべきだ。
  10. 一、ご印判を渡して焼き討ちにしなかった家々に「兵粮を進上するように」と指示せよ。そこよりも更にある場所では、それに応じて指示せよ。
  11. 一、皆の手が空いたろうから、右の通りに済むように急いで連絡した。何れにせよ油断があってはならない。

追記:一昨日10日の書状が今日12日巳刻に到来した。下総国のうち、土気・東金の両城を受け取った旨、諒解した。

OK キャンセル 確認 その他