2018/03/05(月)戦国期の古文書を解釈する基本的なこと

独学の解釈ではあるが、戦国期の史料を見た上での読み方をまとめてみた。

他の場所で公開していたものに若干の加筆をしている。

1)接続部分

  • 候条 (そうろうじょう) 「前文から後文が導かれる」と、因果を示す。「条」だけの場合もあり
  • 候間 (そうろうあいだ) 「前文であるから後文となる」と、前文が前提であることを示す。「間」だけの場合もあり
  • 并 (ならびに) 並列
  • 併 (しかし) 「あわせて」「そして」
  • 然者 (しかれば) 順接「ということで」
  • 然処 (しかるところ) 順接「そうしたところ」
  • 乍去 (さりながら) 逆接

2)語尾 <時制・区切り(順逆の接続)を主に担う>

  • 候 (そうろう) 文の区切り。但し、これがなくても体言止めで切る場合もある
  • 哉 (や) 疑問詞、時々反語
  • 歟 (か) 疑問詞、時々反語
  • 畢・訖・了 (おわんぬ) 過去表現
  • 也 (なり) 断定
  • 共 (とも) 逆接「雖」を語尾に持ってきたもの。但し「人称+共」で「~ども」となったり、「共に」の意だったり「供」の当て字だったりすることもあるので注意

3)返読文字=戻って読むもの。ここが難関。

頻出するもので、連続して戻っていくこともある。

  • 可 (べく) 未来に向かって開いた状態(仮定・要請・願望・推測)
  • 被 (られ) 敬語「なさる」、まれに受動
  • 令 (しむ) 敬語「させていただく」、他者動作、まれに使役
  • 為 (ため・なす) 「~のため」「~となす」
  • 不 (ず) 否定
  • 如 (ごとく) 「~のように」
  • 于 (に) 「~に」で「于今=いまに」が多い

多く見られるもので、基本的には動詞が当たる。状況によっては返らないこともあるので参考程度に。殆どが現代語と同じ意味。

  • 出 (だす)
  • 以 (もって) 「~をもって」となって前提を示す。「猶以」(なおもって)「甚以」(はなはだもって)は例外的な読み方
  • 有 (あり)
  • 自・従 (より)
  • 成 (なる)
  • 依 (より)
  • 致 (いたす)
  • 得 (える)
  • 於 (おいて)
  • 遂 (とげ)
  • 無 (なし)
  • 守 (まもる)
  • 奉 (たてまつる)
  • 励 (はげむ)
  • 就 (ついて)
  • 期 (きす)
  • 預 (あずかる)
  • 異 (ことなる)
  • 任 (まかせる)
  • 及 (およぶ)
  • 属 (ぞくす)
  • 尽 (つくす)
  • 備 (そなえる)
  • 失 (うしなう)
  • 与 (あたえる・あずける)
  • 取 (とる)
  • 非 (あらず)
  • 達 (たっす)
  • 対 (たいして)
  • 乍 (ながら
  • 号 (ごうす) 称する
  • 能 (あたう) 同字で「よく」とする形容詞とは別
  • 難 (がたく) 難しい・できそうにない
  • 為始 (はじめとして)

本来動詞で返読だが、名詞化されることが多く返読しないことがほとんど。

  • 稼 (かせぐ) 功績を挙げる
  • 動・働 (はたらく) 行軍・戦闘をする

3)漢文的なことば。「雖」は頻出。

  • 況 (いわんや)
  • 雖 (いえども)これは返読
  • 未 (いまだ) 「まだ」な状態、まれに未年を示す
  • 剰 (あまつさえ)
  • 就中 (なかんずく)
  • 因茲 (これにより)

4)現代語に通じるが読みや字が異なるもの

  • 拾 (じゅう)
  • 廿 (にじゅう)
  • 卅 (さんじゅう)
  • 縦・仮令 (たとえ)
  • 耳・而已 (のみ)
  • 已上 (いじょう)
  • 急度 (きっと) 取り急ぎ
  • 態 (わざと) 折り入って、わざわざ
  • 聊 (いささか) 少しの
  • 聊爾 (りょうじ) 軽率な、いい加減な
  • 闕 (けつ・かけ) 「欠」
  • 敷・舗 (しく・しき) 「~しい」の当て字
  • 間敷 (まじく) あってはならない
  • 若 (もし)
  • 而 「~て」の当て字
  • 重而・重 (かさねて)
  • 定而・定 (さだめて)
  • 達而・達 (たっての)
  • 付而・付 (ついて)
  • 抽而・抽 (ぬきんじて)
  • 然而・然 (しかして)
  • 弥 (いよいよ)
  • 忝 (かたじけなく)
  • 不図・与風 (ふと)
  • 由 (よし) 伝聞、一連の出来事を抽象的に一括りにする
  • 云 (という) 伝聞
  • 刻 (きざみ) 「~の際に」
  • 砌 (みぎり) 「~の時に」
  • 遣 (つかわす) 人や書状、軍勢、物品を送る

5)現代語と意味が違うもの、または現代での死語

  • 軈 (やがて) すぐに
  • 床敷 (ゆかしい) 慕わしい・懐かしい
  • 給 (たまう) もらうこと、まれに敬語
  • 向後 (きょうこう・こうご) 今後
  • 仍 (よって) 本題に入る際の語
  • 別而 (べっして) 格別に
  • 断 (ことわり) 報告
  • 仁 (に・じん) 「~に」の場合と「仁=人」の場合がある
  • 漸 (ようやく) 段々、少し、もう
  • 努々 (ゆめゆめ) 万が一にも

6)特殊なもの

  • 者 「~は」、人間を指す「者」、順接を指す「てへれば」がある。「者者=者は」というような用法もあるので注意。
  • 曲 曲事は「くせごと」で違反状態を指し、「無曲」は「つまらない」を意味する。意味の幅が広いので要注意
  • 次 「つぎに」「ついで」と追加を指す場合と、「なみ」と読んで「並」と同義になり、一律指定を意味する場合もある。「惣次=そうなみ」は例外なくという意味
  • 差・指 (さし) 何となくつけられている場合もあってそんなに気にしなくて良い。指向性を示しているようなニュアンス
  • 越 (こす) 行く・来るなどの移動を示す。「移」とは違って、当事者のもとに行くか、当事者が行く場合が多い。「進」と同じく進呈・贈与を指す場合もある
  • 当 (とう) 「当城」「当地」とある場合、記述者のいる場所とは限らず、話題になっている場所を指す。どちらかというと「フォーカスの当たっている」という意味。「当年」「当月」も同じように注意が必要
  • 我等・われわれ 「我等」は一人称単独で「私」を意味する。「われわれ」は「私たち」で複数だと思われるが、文脈によって異なるような印象があり要注意。
  • 沙汰 (さた) 処理すること、行動すること、決裁すること、取り上げること。「無沙汰」は怠慢で義務を怠ること、「沙汰之限」はもうどうしようもないことを指す
  • 行 (てだて) 軍事的な行動を指す。「行」を含む熟語に紛れることがある
  • 調 (ととのえる) 調整して準備する。「調儀」は軍事行動や政治工作を指す
  • 據 「無據」は「よんどころなく」、「証據」は「証文」と併記される何かで、多分「証状」
  • 外実 (がいじつ) 元々は「外聞与云実儀与云」(がいぶんといい、じつぎといい)であり、内実共にという意味。「外聞実儀」に略され、更に略された形
OK キャンセル 確認 その他